≪富士森林組合≫



世界文化遺産「富士山」に相応しい
富士山美林の創造


富士宮市地域森林計画対象民有林、保安林

☆ 富士宮市の森林面積は、25,577f(民有林18,497f
  国有林7,080f)市域面積の66%を占めております。

☆ 森林法に基づく地域森林計画対象民有林は18,423fで
あり、ヒノキを主体とした人工林面積が14,279f
(人工林率78%)と大部分を占めております。

☆ 保安林は、水源涵養、土砂流出防備、風致等を目的として
2,098fが指定されております。


☆ 森林組合と協力事業体のコラボレーションを軸に展開


世界遺産富士山

☆ 構成資産の概要
1.富士山山体(山頂信仰遺跡・大宮、村山登山口)
2.富士山本宮浅間大社・山宮浅間神社・村山浅間
神社・人穴富士講遺跡・白糸の滝の6箇所が指定


▲ページの先頭へ戻る